無個性

個性的、というカテゴライズによる無個性化

自分のことを時々考えて思い付くことひとつひとつ丁寧に大きくバツ印を付けて、考え方を変えなさい簡単じゃないことだけどその癖を直しなさいとかそれくらい知ってて、君は特別なんかじゃないんだよとかそれもとうの昔に気付いてるし、どこに着地すればいいのか分からなくて途方に暮れてしまう

2018.7.13

晴れと曇りの中間くらい、暑い。めちゃくちゃ暑い。実験があるからと登校したけどわたしたちの班はPCの数の関係で来週のみで良かったらしくて、つまり今日は実は全休で、なのにいまわたしは学校にきて統計の勉強もそこそこにスマホで暇を潰している。この、何とも言えない虚無感。

 

行かなくちゃ
世界で一番 綺麗なものなら
今まで奪われてた分は
取り戻すまでさ!

もっと
クラクラクラ クラクラさせてよ
ユラユラユラ ゆらぎを見せてよ
キラキラキラ きらめいていてよ

そっと
傷ついた夜を呼び出してみる
ささやかな魔法をひとつかける
それだけで僕らは飛べるのさ!

離さないでよ! 眼差しを
僕達はもう 止まらないよ
魔法が解ける それまで
繋いでいてよ 手を
手を!

[テオ/Omoi]

 

調子は日々一進二退くらいで着実に悪くなっている、なのにこれから向かう先は今までで一番状態が悪くて死までもう少しのところに居た浪人の12月とはまた別な場所な気がしていて、それが一番怖い。いま向かう先にある穴に落ちてしまえば、たぶんそれは今まで落ちたものより遥かに深い上にずっと暗くて、もう二度と戻れない、そんな予感。

病院に行きたいと初めて思った。何かしらの病気とか障害がわたしをこの思考回路にしているならそれらの影響を可能な限り取り除いた世界も見てみたいから。病気でも障害でもなくてこの考え方がただの私の個性ならそれでいい。

 

でもなあ、病院探すのめんどくさいんだよなあああ

君のためなら何でもできる、いま世界で一番強くそう思っているのは間違いなくわたしなのに、それなのに一番遠いのはわたしで、君の一人称が時々「僕」になるのが好きなのに、知らない誰かがそれに触れてると思うとどうしようもないくらい心が限りなく黒に近い紺色に染まる。

 

いまはもう何も出来ない。手紙をくれるタイミングが泣いてしまうくらい上手な君にわたしができるのは、遥か遠いこの場所で君の夢を見ることくらいだ。

 

次に会える時まで殺したくなるほど美しくなってやるよ、覚悟してて。

2018.6.25

晴れ、暑い。ノースリーブのワンピースを着てしまうくらいには暑い、それなのに風邪を引いている矛盾。喉が痛いからひたすら緑茶を飲んでいる。2本目ももうすぐ飲み終わる。

 

RADWIMPSのツアーから1週間経ってしまった事実が受け入れ難い。もう1週間なのか、まだ1週間なのか。気持ちは後者に近いかな。遥か昔のような気がする。本当に自分があの場所にいたのか分からなくなる。さいたまスーパーアリーナの2階席、思っていたほど遠くはなくて、でもやっぱり熱量はアリーナの半分くらいで、ちょっと寂しいなと思っていたら洋次郎は置いてけぼりになってない?と観衆に呼びかけてくれた。アンコールのセプテンバーさんで桑のギターのボリュームを少しずつ洋次郎が下げていった。何故かサウナスーツを桑は着ていて、楽屋で小顔マッサージしてたらしい。めちゃくちゃ可愛い。

2曲目のOne Man Liveで涙が出て、ふたりごとで止まらなくなった。自分がどれだけRADWIMPSに救われて生かされてきたか痛感した。きっとRADWIMPSが居なければ今わたしもここにいない。あの場所で叫んだ「愛してるよ」がほんの少しでもいいから届けばいいと思う。彼らにとってはもう聞き慣れた言葉でも、時にはうんざりさせてしまうかもしれない感情でも、わたしが何万人のうちのひとりにしか過ぎなくても、それでもいいから。