無個性

個性的、というカテゴライズによる無個性化

悪魔と生きている

君の守護天使は悪魔に生かされてるんだよ、知ってた?

悪魔はわたしの心を喰らっていて、それはつまり君の心を喰らうことと同じでしょう。

 

会えなくても声が聞けなくてもいま考えてることが分からなくても、守護天使であり続けたい。

2017.10.6

4セメ始まって1週間。

やたらと時間割がすかすかで少し時間を持て余している。

 

昨日の夜から母が来ていた。今日から札幌に行き明日の朝は旭山動物園に行く、はずだった。嘔吐しすぎて救急車を呼んで入院。きっと明日には退院できるはず。

 

暇だ。とにかく暇だ。

本もないwifiもない眠りすぎてはいけない。

厳しい戦いだ。

2017.9.29

血と死と光と音と生きること

 

彼が死んだことがある、と打ち明けてくれた日からわたしは1ヶ月ほど泣き続けた

夢のことは思い出す度に混乱して泣きそうになる、彼女の死は望まれた死?望まれなかった死?理由の解らない死を突然押し付けられても困る。自分では来世も黄泉の国も要らないと思うくせに夢には次の世界があってほしいと願っている。例えその死が望まれたものであったとしても。せめて次は幸せになってほしい。そもそも死ななければ思い出しもしなかったくせに。失わないと気づけない我々は愚かだ。でもきっと気づけないようにできているんだと思う。

 

 

あなたのこともきっと同じだから、また少し考えさせてください。きちんと答えを出して会いに行きたい。

最近、見えないものが見えて、聞こえないものが聞こえるようになった。ついでに睡眠に逃避することもできなくなった。

車の中に人の死体が見える。誰かの怒鳴り声が聞こえる。夜中の3時くらいに目覚めてもう眠れない。

 

 

もうどこにも行けない

昨今の部誌の記述について

世の中には分からないことがありすぎるけど、我々は最早会いたいと思って会える関係には居ない、ということはさすがに理解しているので、せめて写真を文字を見返してきちんと「実物の」あなたをいつまでもわたしの中に生かす努力だけはしています。

それでも声を時々忘れてしまうし、あなたは本当に存在したのか怪しんでしまう。だから部誌を漁ってあなたの文字を探すのが最近のわたしです。していることは前と同じなのだけど、そこにある意味はかなり変わりました。

 

 

会えないというのは分かっているけれど、呼べばきっといつでも来てくれるあなたはわたしを独りには絶対にしないといまも信じて毎日生きてるよ。

2017.9.12

雨のち曇り。蒸し暑い。夜は涼しい。

 

9月になってから全然日記を書いてなかったことに驚いた。もう東京に行ってから1週間も経ったのか。泉ヶ岳に行ったのはもう一昨日のことなのか。

 

少し前から調子が悪い。手首を切りたいと思ってしまうところから始まって死への衝動が強くなっている。でも知ってる。どうせもう死ねない。

 

毎日あなたのことを考えてるよ。ちゃんと返事するから、もしまだ見てるんなら、もう少し待ってて、だーりん。

死にたい死にたいとそればかり考えて

何になるのだろう